暖房の工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マンションで暮らす夏の節電対策の一つとしてグリーンカーテンをご紹介しましたが、今回は寒い日の暖房の工夫についてご紹介したいと思います。マンションは機密性が高いので戸建て住宅と比較すると暖かいのですが、それでも寒い日は当然暖房に頼ることになります。そんな時の一工夫をしてみてください。

上下の温度差をなくす

ご存知の方も多いと思いますが、暖かい空気は上に、冷たい空気は下の方に滞留します。エアコンをつけても、頭の上の方ばかりが暖かく、足元はいつまでたっても寒いままという経験をしている方がほとんどだと思います。このような状態では足の皮膚温が低下していってしまいます。体を温めるには昔から言われるように頭寒足熱の法則が効果的です。そのために、まずは空気を循環させることが重要です。部屋の空気を循環させるためには暖房の併用して扇風機やサーキュレーターを使用するとよいでしょう。

また、室温に窓が大きく影響していることは皆さんご存知でしょうか。窓からは冷たい外気が入ってきますし、室内の暖かい空気も逃してしまいます。そこで大切になるのがカーテンです。厚手でヒダの多いカーテンを冬場に使用すると外気の侵入・熱の流失を防ぐ効果が高くなります。また、南向きの部屋の場合は冬場は太陽の位置が低いので、部屋の中まで陽射しが入り込みますから、その暖かい陽射しを上手に取り入れるとよいでしょう。最近のマンションは採光性をよくしようと窓を大きくとっているプランも多いので、カーテンの工夫をすれば暖房費にも差が出てくることと思います。

最新コンテンツ

役立つ情報を知るために

Copyright (C)2017マンションで叶える 環境と自然に優しいエコライフと趣味の暮らし.All rights reserved.