太陽光発電

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽の力を借りてエネルギーを生み出すことができる太陽光発電。東日本大震災で原子力発電所の事故以来、火力発電への依存が高まったことで燃料費がかさみ営業赤字が続いている東京電力。このような状況からマンションにおいても太陽光発電に取り組むことが考えられています。

まずはマンション全体での取り組みとして、自宅マンションの屋上に太陽光パネルを設置し、電気を“地産地消”しようというものです。自分達で使い切れなかった電力は太陽光発電の余剰電力買取制度によって余った電気を電力会社が買い取るシステムがあります。このように太陽光パネルを設置することで電気料金が削減することができます。また、地球環境にも貢献できることになります。

では、自宅マンションに太陽光パネルを設置するにはどうしたらよいのでしょうか。それは、基本的には大規模修繕と同じ流れになります。マンション屋上は共用部分に当たるため、総会決議の4分の3以上の賛成(特別決議)が必要となります。このような場合、よく考えなければならないのは初期投資額を何年かかって回収することができるかということです。

太陽光パネルを設置するには多くの費用がかかります。太陽光パネルがどれくらい、発電するかは設置場所やパネルの大きさによって違います。計画の段階で採算が合うかどうかをじっくりと検討することになるでしょう。また、このように環境に配慮したマンションは資産価値も上がることが多いということも含め、理事会で話し合うとよいでしょう。

最新コンテンツ

Copyright (C)2017マンションで叶える 環境と自然に優しいエコライフと趣味の暮らし.All rights reserved.